スペース356

カテゴリ:カルチャー教室( 8 )

千葉県茶華道協会70周年記念展

e0246300_09000813.jpg
e0246300_09035299.jpg

 千葉県茶華道協会70周年記念展がそごう千葉店で開催されます。記念すべき70周年展に当教室から4名(前期2名後期2名)の皆様が出品いたします。
スペースは狭いながら迫力ある作品が観れます。また多くの先生方の素晴らしい作品が数多く出品されていますので、興味がある方は
ぜひ足をお運びください。生け花の魅力の一端を感じていただけたら幸いです。お仲間募集中です。

開催期間 : 平成30年10月17日(水)〜23日(火)
時 間  : 最終日のみ17時まで
開催場所 : そごう千葉店 6階催場

[PR]
by space356 | 2018-10-20 15:07 | カルチャー教室

千葉県茶華道協会生け花展

 10月に千葉県茶華道協会の生け花展が千葉そごう6階催事場にて開催されます。
我が社中も今回で4回目の出展です。会場の雰囲気もわかり、落ち着いて生けることが出来るようになりました。
 花材も自由なので花材選びから始まりますが、どれにしようか考えることも楽しみの一つです。自由に生けて教室では考えられないような構成にすることも出来るし、観るお客様(あるいは他の流派の方)の反応を感じられることもこの展示会だからこそです。当然私たちも他の流派の方がどのような花材を使い、どのように生けるかじっくりと観させていただきますが、自分の中にない発想の生け方をしている作品を拝見したときは軽いショックを受けつつ今度マネをさせてもらおうと密かに考えるのは私だけでしょうか。
 県内のいろいろな流派が一堂に会しての展示会ですので興味のある方はぜひお立ち寄りください。


e0246300_13390199.jpg

[PR]
by space356 | 2016-09-13 14:17 | カルチャー教室

渋谷ヒカリエにて華展(龍生派)

 4月29日(金)から5月2日(月)まで渋谷ヒカリエにて龍生派生け花の展示会を開催しています。当教室の講師の先生も出品しています。全国の先生方が参加していて何百という作品が展示されていました。お客様がいっぱいで除けながらの鑑賞でした。
 彫刻のようなもの、奇抜な材料を使用したものなど通常生け花の響きから受けるイメージとはかけ離れた作品もたくさんありました。現在(龍生派?)の生け花の持つ表現の広がりは途方もなく大きく、花を生けるという1点を除いては全く自由になっているようです。ひょっとすると花を生けるという点も外れてきそうな気がします。
e0246300_14271629.jpg

e0246300_14275754.jpg
e0246300_14291156.jpg


私たちの先生の作品です。この花材をこのように使うのは珍しいと思います。

e0246300_14324645.jpg

[PR]
by space356 | 2016-05-01 14:41 | カルチャー教室

生け花教室

本日のいけばな教室で生けた作品です。
ヒモゲイトウを使って垂れ下がる面白さを見せて構成しました。離れた2個の花器で中にスペースを作ってゆったりとした感じを表現しようと思いましたがなかなかそうはいきませんでした。
ガーベラの花の位置にもちょっと問題があったかもしれませんが、今の実力ではしょうがないという気もいたします。
e0246300_17122979.jpg

[PR]
by space356 | 2013-08-24 17:11 | カルチャー教室

龍生派いけばな小品展

龍生派の本部で開催された「龍生派いけばな自由花小品展」を見学に行きました。
先生は色々な先生達の作品が3人にとって少しでも参考になればと考えたのか、実力がイマイチの精鋭(?)3人を引き連れて、田舎から大都会へ遠征しました。
大きな作品も以前拝見したことがありますが、大きすぎて自分の作品との比較ができず「大きい!!!」と驚くばかりでした。小品展の作品は自分のスケールに合わせて比較出来、非常に参考になりました。発想力、細部までのこだわり、色彩の美しさ等うならせるものがあり楽しませていただきました。。
e0246300_1426686.jpg
e0246300_14262130.jpg
e0246300_14293017.jpg
e0246300_14295334.jpg

[PR]
by space356 | 2013-06-24 14:03 | カルチャー教室

ステンドグラス教室

ステンドグラス教室です。
e0246300_18183461.jpg

[PR]
by space356 | 2012-11-01 13:00 | カルチャー教室

ちぎり絵教室

舟山先生によるちぎり絵の教室がありました。生徒さんたちは先生の懇切丁寧なご指導により、楽しそうに作業をしています。
和紙の温かみのある質感、微妙な色合い、手でちぎって貼るといういかにも人間くさい作業、ちぎり絵の持つ深い魅力に誘い込まれます。
e0246300_17274163.jpg

[PR]
by space356 | 2012-07-19 17:28 | カルチャー教室

華道教室

e0246300_1046332.jpg
龍生派の先生によるお花の教室がありました。
月2回のペースで開催されていますが皆さん忙しく全員がそろうことは稀です。
ガラス作品を制作する時の視点とは異なった方向からの見方が必要な場合も多々あるので、新鮮な感じで集中出来る良さがある気がします。
完成させるまでに苦しむ(楽しむ?)という点では同じことかもしれませんが、生きている植物に直に触れての作業ですので無機質のガラスを相手の作業とは明らかに異なる感覚はあります。
[PR]
by space356 | 2012-06-24 10:46 | カルチャー教室



工房に関する日常的な出来事
カテゴリ
最新の記事
蜻蛉玉と花ぐらす展
at 2018-11-02 20:26
ガマの穂
at 2018-10-21 09:57
猫筥2つ
at 2018-10-21 09:30
千葉県茶華道協会70周年記念展
at 2018-10-20 15:07
北総伝承の技10人展
at 2018-10-18 15:58
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧