スペース356

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

母屋改修7

台所の梁は一部を天井板の下に出すようにしました。以前は梁の下が天井だったので随分天井が高くなり、台所が広く感じられます。
e0246300_11243056.jpg


天気が悪くてなかなか取りかかれなかった裏の屋根が出来てきました。前の屋根の上に載せる形にして軒先を少し長くだし、雨のしずくが土台から離れたところに落ちるようにして土台の痛みを軽減させます。
e0246300_1128532.jpg


傷んだ土台の木を取り変えました。
e0246300_11303550.jpg


ホームページはこちらから
[PR]
by space356 | 2014-08-27 11:08 | 日常

母屋改修6


裏の天井の端から少しわらぶき屋根が見えています。大屋根の一番下がった庇部分が見えている
状態です。そして床板の下に貼るコンパネも付け終わり床材を貼るだけになりました。
e0246300_1124387.jpg
e0246300_11251018.jpg

[PR]
by space356 | 2014-08-25 16:15 | 日常

母屋改修5

以前の土間
e0246300_1620310.jpg
建築当初からあった(土の)土間がコンクリート地に自然石を配した土間に変わることになった。土間が周りの家々から無くなっていく中で唯一残っていた当家の土間もついに時代の波に屈する。明治からの時代色を残し、うっすらと甘い郷愁を誘うものが一つ我が家から消えていく。残すかどうか非常に迷ったが「より住みやすい環境」を子孫に残すという思いで決断した。これが良かったかどうかは後の住人が判断してくれるでしょう。現在ではベストの選択だったと考えたい。

コンクリート下地をした土間
e0246300_16204141.jpg


コンクリートでならした所を早速ウチのネコが歩いたらしく、我が家の歴史にまさにしっかりと足跡を残した。
e0246300_16242876.jpg


裏側の地面近くの横に伸びた土台の木が腐ってきていたので外し、新しい材料と取り替えることになりました。
先ず重さを支える柱の下をコンクリートで固めそれから取り替える木材をはめ込むことになりました。土台の柄も補強しました。
e0246300_1051383.jpg

e0246300_9451718.jpg

e0246300_9461376.jpg

[PR]
by space356 | 2014-08-22 16:06 | 日常

母屋の改修4

建物の土台部分を補強するためにコンクリートでしっかり柱をおさえ、さらに別の木をそえることにより一層しっかりしたものになった。
e0246300_14364086.jpg
e0246300_14363731.jpg


根太も新しくして今まではされていなかった位置に調節束を入れて、補強するとともに水平をしっかり保つようにした。
e0246300_14422370.jpg


台所の梁は、今まで天井があり見えなかったので今回初めてむき出しの形で見ることができた。また最初の屋根が藁葺き屋根であることも確認出来た。昔からのススが凄い量積もっていて、マスク無しの作業は考えられない状況でした。
母屋の戸締まりの要の鍵は写真のように非常にシンプルで、よくもまあこれで100年以上も我が家を守ってくれたものだとひとしきり感心した。世の中の治安の良さが偲ばれます。
e0246300_14541020.jpg
e0246300_14532767.jpg

[PR]
by space356 | 2014-08-12 14:22 | 日常



工房に関する日常的な出来事
カテゴリ
最新の記事
千葉県指定伝統的工芸品展
at 2018-01-13 14:46
高齢者見守り
at 2018-01-13 12:04
強烈なプレッシャー
at 2017-08-23 11:16
ギャラリー「間」成田にて
at 2017-06-16 11:27
夏の暮らし 涼・雅・粋 展
at 2017-06-15 12:56
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧